戦後70年に考える・アドルフに告ぐ展

兵庫県宝塚市の市立手塚治虫記念館で、漫画家・手塚治虫の作品「アドルフに告ぐ」を通して戦後70年を考える企画展『戦後70年に考える「アドルフに告ぐ~ぼくは戦争の語り部になりたい~」展』が開かれている。終戦を迎えた8月15日が自らのマンガの原点だと語った手塚治虫が何を伝えたかったのかを探る作品展で、第2章として戦争を描いた9作品も紹介している。6月29日まで(水曜休館)=大阪本社写真部 小出夏来撮影 2015年5月19日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 266

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ