アナログもデジタルもオドロキの3D体験

大阪市北区の知的創造拠点「ナレッジキャピタル」で1日、「アナログ」と「デジタル」という違った表現手法で3Dを追求するアーティストと研究者の作品展示「~アナログもデジタルもオドロキの3D体験~超越!3Dアート×3Dテクノロジー」が始まった。今話題の手書き3Dアーティスト永井秀幸さんの「錯覚3Dアート作品」や東京大学大学院、広瀬・谷川研究室と情報研究機構(NICT)のコラボ作品「鉄道乗車マイコンテンツ」が特別公開されている。8日まで=大阪本社写真部 小出夏来撮影 2015年4月1日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 263
  3. 264
  4. 265
  5. 363

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ