読売新聞オンライン

メニュー

小学生が思う「未来の漢字」

小学生が未来への思いを1文字で表す「未来の漢字」を発表するイベントが26日、京都市東山区の清水寺で開かれた。日本漢字能力検定協会が「今年の漢字」20周年を記念し、全国の小学生から公募。抽選で選ばれた20人が、「明」や「優」など未来をイメージする漢字を、墨や絵の具で和紙に書き込んだ。応募総数6387票のうち「楽」が674票で最多だった=大阪本社写真部 海上英敏撮影 2014年12月26日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 319
  3. 320
  4. 321
  5. 406

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)