走る「義経号」17年ぶりお披露目

大正時代から蒸気機関車の整備を担ってきたJR西日本の「梅小路運転区」(京都市下京区)が100周年を迎え、10日、記念式典が開かれた。セレモニーでは交通科学博物館の閉館後に運び込まれ整備されていた明治時代の蒸気機関車「義経号」(長さ12メートル、重さ28トン)が敷地内の線路約500メートルを3往復し、花を添えた。義経号の運転は1997年以来17年ぶり=大阪本社写真部 海上英敏撮影 2014年10月9日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 258

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ