新名神建設現場で橋桁落下

22日午後4時20分頃、神戸市北区道場町平田の新名神高速道路の建設現場で、鋼鉄製の橋桁(長さ約120メートル、重さ1350トン)の片側が、約15メートル下の国道176号に落下した。落下したのは、国道176号と有馬川を東西にまたぐ「有馬川橋」の橋桁。上下線2本のうち上り線の西側が橋脚から落ち、片側2車線の国道をふさいだ(読売ヘリから)=大阪本社写真部 前田尚紀撮影 2016年4月22日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 281

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ