“じょんがら節”調の詐欺防止ソング 署長が熱唱

[読者会員限定]
オリジナルソングの弾き語りで特殊詐欺被害防止を訴え続けている青森県警板柳署の工藤昭幸署長(52)が21日、青森県板柳町の福祉施設で県の民謡「津軽じょんがら節」調の新曲を初披露した。60~90歳代の利用者約40人の手拍子や、同県警の振り込め詐欺被害防止キャラクター「サギかもくん」の踊りに合わせて、工藤署長は愛用のギターをかき鳴らしてこぶしを利かせながら不審電話への注意を呼びかけた=青森支局 平出正吾撮影 2016年6月22日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 244

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ