戦艦「大和」の菊花紋章、スクリュー写真を公開

[読者会員限定]
太平洋戦争末期、米軍の攻撃で鹿児島沖に沈んだ戦艦「大和」の潜水調査をしてきた広島県呉市は22日、撮影した船首の「菊花紋章」と船首下部の「球状船首」、船尾のスクリューの写真を公開した。いずれも1980~90年代の民間の調査で撮影されていたが、同市は「ハイビジョンで、これまでのものより鮮明に映すことができた」としている。撮影は5月10~27日に実施。無人潜水探査機を使い、深さ約350メートルの海底で、計約50時間の撮影と、船体などの計測に成功した。菊花紋章は、99年の調査で撮影された際は金色に見えていたが、今回は色がはげたためか木のような色合いだった。映像の一部は7月23日から同市の大和ミュージアムで、速報版として上映する=呉市提供 2016年6月23日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 243

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ