北ミサイル 秋田沖250キロEEZに落下

[読者会員限定]
日本政府は3日午前、北朝鮮が同日午前7時53分ごろ、同国西岸の黄海南道(ファンヘナムド)・殷栗(ウンリュル)付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射した、と発表した。中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程約1300キロ)とみられ、約1000キロ飛行し、午前8時5分ごろ、秋田県の男鹿半島沖約250キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。日本の航空機や船舶への被害は確認されていない。政府は自衛隊の艦船などを落下地点付近に派遣し、弾頭の回収に向けた捜索を始めた(読売機から)=東京本社写真部 菅野靖撮影 2016年8月3日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 243

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ