大隅良典氏にノーベル賞…「細胞自食作用」で

[読者会員限定]
スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル生理学・医学賞を、細胞が自らたんぱく質などを分解してリサイクル(再利用)する「細胞自食作用(オートファジー)」の仕組みを見つけた東京工業大の大隅良典栄誉教授(71)に授与すると発表した。酵母から人間まで共通する細胞内の根源的な生命現象を遺伝子レベルで明らかにし、がんや神経疾患の治療研究に道を開いたことが評価された。受賞決定後の記者会見に臨んだ大隅氏はやや緊張した面持ち。「ここ数年、色々な賞をもらったが、ノーベル賞には格別の重さを感じている」と感慨深げに語った=メディア局ストリーム班撮影 2016年10月3日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 244

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ