「2017となみチューリップフェア」が開幕

「2017となみチューリップフェア」(読売新聞北陸支社など後援)が21日、富山県砺波市の砺波チューリップ公園で始まった。赤や黄、紫、白など、色とりどりの700品種300万本が咲き誇る。また、立山黒部アルペンルートで知られる「雪の大谷」にちなみ、3万本のチューリップで表現した高さ4メートルの「花の大谷」(長さ30メートル)も注目を集めていた。公園を管理運営する市花と緑の財団によると、今年の開花状況は、ほぼ平年並み。2600平方メートルの大花壇は今月末が見頃となりそうだという。フェアの会場では、台湾やインドネシアなど海外からの団体客や家族連れらが、園内を散策し、記念撮影をしていた。5月5日まで=高岡支局 細野登撮影 2017年4月24日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 271

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ