読売新聞オンライン

メニュー

「再生の歩み」 新校舎 頼れる防災拠点…岩手・釜石

岩手県釜石市の鵜住居(うのすまい)地区では、市立鵜住居小学校と釜石東中学校の新校舎が再建され、今春、授業が始まった。小中一体の鉄骨校舎で、海から約1・5キロ離れた山の斜面を切り崩して建設した。東日本大震災級の津波でも浸水しないように、海抜15~26メートルの高台にある。災害時の防災拠点となることから、敷地の斜面には8本の避難階段を設置。周辺の住民らも、緊急避難場所のグラウンドにすぐに駆け上がることができる=東京本社写真部 菅野靖(読売機から)、飯島啓太(小型無人機)撮影 2017年5月11日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 247
  3. 248
  4. 249
  5. 405

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)