咲いた咲いた20万本

東京都江東区のシンボルプロムナード公園で開催中の「臨海副都心チューリップフェスティバル2018」で、色とりどりのチューリップが見頃を迎えている。同公園に植えられたチューリップは400品種、20万球。春らしい陽気となった31日は、園内を案内するツアーが行われ、スマートフォンなどで熱心に撮影する人たちの姿が見られた。担当者によると、気温の上昇が続いた影響で、例年より1週間ほど見頃が早くなっている。来月中旬まで楽しめるという。無料=東京本社写真部  武藤要撮影 2018年3月31日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 270

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ