「2018となみチューリップフェア」開幕

全国有数のチューリップの産地・富山県砺波市で20日、「2018となみチューリップフェア」(読売新聞北陸支社など後援)が開幕した。今月末に満開となる見込みで、300品種300万本が、メイン会場の砺波チューリップ公園などを彩る。公園内には、チューリップで立山黒部アルペンルートの「雪の大谷」を表現した高さ4メートルの「花の大谷」や、花束を描いた地上絵などがあり、来場者を楽しませている。5月5日までの期間中、30万人の来場が見込まれている=高岡支局 本多正樹撮影 2018年4月20日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 247
  3. 248
  4. 249
  5. 463

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)