小笠原ブルーと戯れ…島返還50年

小笠原の海は「ボニンブルー」と呼ばれる。江戸時代の呼び名「無人島」(ぶにんじま)を英名にした時の「ボニン」が由来となり、小笠原の海の青さを表す言葉になった。透き通った水中に集まる日本固有の魚「ユウゼン」――。返還50年を迎えた小笠原諸島(東京都小笠原村)は、一度も大陸とつながったことがない独自の生態系を育み、今も豊かな自然に囲まれる=東京本社写真部 米山要、大石健登撮影 2018年6月25日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 281
  3. 282
  4. 283
  5. 483

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)