特産の黒糖「三奈木砂糖」作り…九州北部豪雨被災の朝倉市

昨年の九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市三奈木(みなぎ)地区で、特産の黒糖「三奈木砂糖」作りが進められている。同地区では江戸時代から黒糖作りが受け継がれ、国内北限の産地とされている。製糖施設では、収穫したサトウキビの搾り汁を釜に入れ、まきの火でゆっくり煮詰めた後、自然に冷まして固める昔ながらの光景を見ることができる。豪雨では畑が冠水したり、倒木などが流れ込んだりする被害を受けたが、復旧作業を進めてきた。三奈木砂糖は割高ながら、独特の香味や粘り気が受け、全国から引き合いがある=西部本社写真部 足立浩史撮影 2018年12月8日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 258

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ