甘さ ギュッと 干し柿作り最盛期…熊本県宇城市

熊本県宇城市で、特産の干し柿作りが最盛期を迎えている。同市豊野町の生産農家、北岡誠司さん(57)は、ビニールハウスの中で約1か月間、長さ約1.3メートルのひもにつるされた柿を日にさらし、甘さを凝縮させている。「最近は朝も夜も冷え込み、湿気も少ない。甘く仕上がってます」と北岡さん。JA熊本うきによると、管内80戸の干し柿作りは来年2月上旬頃まで続き、約140万個が関東・関西方面を中心に出荷される予定という=西部本社写真部 浦上太介撮影 2018年11月30日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 258

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ