東北・北海道新幹線  試験車両お目見え

JR東日本は12日、川崎重工業の兵庫工場(神戸市兵庫区)で、東北・北海道新幹線の新型試験車両を初公開した。国内最速となる時速360キロ・メートルでの営業運転を目指しており、2019年5月から試験走行を始める予定。試験車両の愛称は「ALFA―X(アルファエックス)」で、騒音を抑えるために設計された「ロングノーズ」と呼ばれる長い先端部分が特徴だ。この日公開された先頭車両は、車体が青みがかった銀色を基調としており、客室から先のノーズ部分はE5系より1メートル長い約16メートル。トンネル走行時の騒音を低減する効果があるという=大阪本社写真部 川崎公太撮影 2018年12月12日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 260
  3. 261
  4. 262
  5. 483

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)