ロボットトラクターの自動運転を公開

つくばみらい市にある農機メーカー井関農機(本社・松山市)の研究所で、自動運転するロボットトラクターの発表会が行われた。田畑を耕す作業の一つ「耕運」や、田植えに向けて田に水を入れて土を砕いてかきならす「代かき」ができる。農作業の効率性を高めるのがねらいだ。発表会は12日に行われ、衛星測位システム(GNSS)を活用し、遠隔操作できる様子を公開。人が乗ったトラクターとともに2台同時の運転も出来るという。1台約1300万円で、自動運転の機能がないトラクターに比べ価格は約1・5倍。販売目標は年10台としている。業界では、農業の担い手の減少などを背景に需要が高まるとみており、大手の開発競争も活発化。同様のトラクターは、クボタ(大阪市)やヤンマー(同)が既に発売している=つくば支局  谷口博威撮影 2018年12月17日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 259

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ