「玉せせり」 今年は大漁に…福岡

新春恒例の「玉せせり」が3日、福岡市東区の筥崎宮で行われた。締め込み姿の男たち約330人が、触れると幸運を授かるという木製の玉(直径28センチ、重さ8キロ)を奪い合った。約600年前に始まったとされる神事。男たちは陸側と浜側に分かれ、末社の玉取恵比須(たまとりえびす)神社から本殿までの約250メートルで玉を奪い合う。最後に玉を神職に渡すのが陸側なら豊作、浜側なら大漁とされ、今年は浜側が手渡した=西部本社 写真部・浦上太介、社会部・矢野恵祐撮影 2019年1月7日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 271

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ