うどん自販機、根強い人気

お金を入れて待つこと約30秒、取り出し口から温かいうどんが出てくる――。昭和50年代に全国に普及したうどんの自動販売機が、山口市鋳銭司のドライブイン「長沢ガーデン」で今も24時間、フル稼働している。常連客だけでなく、遠方からのファンも多い。やや濃いめの味付けが特徴だ。天ぷら、肉、きつねの3種類があり、価格は各300円。武永秀樹店長によると、平日で100杯、週末になると200杯以上売れることも珍しくないという。「平成最後の冬に、昭和の風情を味わってほしい」と話している=山口総局防府通信部 長野浩一撮影 2019年1月11日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 258

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ