福岡市消防出初め式

 福岡市の消防出初め式が12日、同市博多区のマリンメッセ福岡で行われた。隊員ら約2000人が参加。救助訓練や博多湾への一斉放水などを披露し、防災への意識を新たにした。  式典で高島宗一郎市長は、昨年、各地を襲った地震や豪雨災害、3日に起きた熊本地震に触れ、「災害は時や場所を選ばない。日頃の備えの大切さを改めて実感した」とあいさつ。市が作成中の、浸水や土砂崩れなど各災害のハザードマップの一元化と電子化の取り組みを紹介し、「市民の安全安心のために全力でチャレンジしていく」と述べた。  その後、市内の消防少年団の消火訓練や音楽隊の演奏などが披露された。伝統技術の「はしご乗り」では、消防団員らが高さ7㍍のはしごの上で軽やかに技を決めると、来場者から大きな拍手が送られた。=西部本社写真部 秋月正樹撮影 2019年1月13日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 272

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ