「三十槌の氷柱」が見頃、ライトアップ始まる

岩肌からしみ出た清水が寒さで結氷する埼玉県秩父市大滝の「三十槌(みそつち)の氷柱(つらら)」が見頃を迎え、12日夜、ライトアップが始まった。2月11日まで。秩父観光協会大滝支部によると、天然エリアの氷柱群は、高さ約10メートル、幅約30メートル。川からの水を岩肌に流して作る人工エリアの氷柱群は高さ25メートル、幅55メートルで見上げる大きさだ。点灯時間は平日午後5~7時、土日祝日午後5~9時。氷柱は2月17日まで見学できる=東京本社写真部 上甲鉄撮影 2019年1月15日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 271

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ