ANA機、滑走路でエンジン停止

17日午前7時半頃、大阪(伊丹)空港で、羽田発の全日空985便(ボーイング787型機)が着陸後、滑走路の途中で左右のエンジンが停止し、動けなくなった。同社は作業車で機体を乗降口まで移動させ、約1時間後に乗客を降ろした。乗客乗員計118人にけがはなかった。このトラブルで、同空港の滑走路2本のうち1本が約40分間閉鎖され、1便が欠航。9便で最大1時間44分の遅れが出たほか、羽田発の日本航空101便が関西空港に行き先を変更した=大阪写真部 尾崎孝撮影 2019年1月17日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 243
  3. 244
  4. 245
  5. 475

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)