読売新聞オンライン

メニュー

六甲山の冬の風物詩「氷の切り出し」・・・神戸

大寒の20日、神戸市灘区の六甲山頂・自然体感展望台「六甲枝垂れ」の周囲に設置されている、「氷棚(ひょうだな)」にできた天然の氷を切り出して、展望台内・地下の「氷室(ひむろ)」に氷を運び入れる「氷の切り出し」が始まった。気温5度の中、厚さ約8cmの氷を運んだ。2基ある氷室には最大32トンの氷が貯蔵でき、夏の期間、施設内の部屋に送る風の冷却に使われる=小出夏来撮影 2019年1月20日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 406

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)