「旧ごんぞう小屋」…インスタ映えで人気

真っ赤な若戸大橋が、鏡状のガラスに映った橋とつながり、左右対称のアーチを作り上げた。係留する船やウッドデッキの木目なども合わせ、一体的な世界と錯覚する。橋のたもとにある休憩所「旧ごんぞう小屋」(北九州市若松区本町1)で、撮影した。小屋は、かって「ごんぞう」と呼ばれた港湾労働者の詰め所を模して建てられた。壁面の曇りガラスに、周囲の風景が映り込む。 「インスタ映え」を狙って、カメラを構える人も多いという。施設を管理する市港営課は「撮影スポットとして楽しんでもらえるのは歓迎。雰囲気の良い海岸で散策してほしい」としている=西部本社写真部 大野博昭撮影 2019年1月23日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 271

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ