気合入れ「大寒みそぎ」 防府・春日神社

二十四節気のうちで、一年で最も寒い頃とされる「大寒」の20日、冷水につかって身を清める「大寒みそぎ」が山口県防府市の春日神社で始まった。22日まで、朝夕に行われる。1978年から続く同神社の恒例行事。午前5時半の境内の気温は9・5度。冷たい雨が降る中、同6時半からのみそぎには7~83歳の116人が参加した。男性はふんどし姿、女性は白装束姿で集合。境内を走るなどして体を温めた後、「えーい」と気合を入れ、井戸水をためた水温12度の水槽に入り、約1分間手を合わせて無病息災を祈った= 山口総局防府通信部  長野浩一撮影 2019年1月21日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 258

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ