特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」始まる…九州国立博物館

鎌倉時代の仏師・快慶ら「慶派」の名品を紹介する特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」の開会式と内覧会が22日、福岡県太宰府市の九州国立博物館で行われた。会期は23日から6月16日まで。快慶作「十大弟子立像」や、運慶の弟子の肥後定慶による「六観音菩薩像」など大報恩寺(京都市)所蔵しているものを中心に44点を展示している。開会式では同寺の菊入諒如住職らがテープカットを行った=貞末ヒトミ撮影 2019年4月22日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 263

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ