300万本色鮮やか 砺波、チューリップフェア開幕

色とりどりの300万本のチューリップを楽しめる「2019となみチューリップフェア」(読売新聞北陸支社など後援)が22日、富山県砺波市の砺波チューリップ公園などで開幕した。黄色のチューリップ約1700本を使った高さ約5メートルのチューリップツリーなどが見どころだ。同市は全国有数のチューリップ産地で、フェアでは約300品種を観賞できる。約21万本のチューリップで大花壇に描かれた地上絵は「魔法」がテーマで、きらめく虹や花がデザインされている。大花壇は約3割が開花しており、今月末頃に見頃を迎えるという。5月5日までの期間中、約30万人の人出が見込まれている=高岡支局 細野登撮影 2019年4月23日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 258

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ