「紫電改」レプリカ公開…兵庫・加西市

兵庫県加西市の鶉野飛行場跡で9日、太平洋戦争で使用された旧日本海軍の戦闘機「紫電改」の実物大レプリカが一般公開された。長さ9.37メートル、翼の幅11.99メートル、総重量約2トン。制作費は約1500万円。紫電改はかつて鶉野飛行場に隣接していた川西航空機姫路製作所鶉野工場でも組み立てられており、同飛行場で試験飛行が行われていた。今後は当面月2回程度(第1、第3日曜日の午前10時~午後3時)定期的に一般公開の予定=濱田貴士撮影 2019年6月10日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 281

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ