ラグビーW杯応援「田んぼアート」が見頃…埼玉・行田

9月に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に向け、埼玉県行田市小針の田んぼに日本チームの選手をかたどった「田んぼアート」が出現した。同市などが12年前から行っている催しで、2015年には最大の田んぼアートとしてギネス世界記録に認定された。今年は隣接する熊谷市で行われるW杯を応援しようと、図柄が決まり、6月に約1000人の市民らが4種類の苗(緑、黒、白、赤)を植えた。約2・8ヘクタールの田んぼには、リーチ・マイケル選手を中心に、右に田中史朗選手、左に姫野和樹選手がポーズを決め、「がんばれ 日本代表」の文字も浮かび上がる。全体像は近くの古代蓮の里タワーの展望室(地上約50メートル)から眺められる=東京本社写真部 飯島啓太撮影 2019年7月16日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 277

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ