トヨタが東京五輪・パラ用乗り物を発表

トヨタ自動車は18日、2020年東京五輪・パラリンピックに提供する専用の電気自動車(EV)「APM」を発表した。主に大会関係者や車いすの利用者、高齢者らを対象に、競技会場エリアや選手村などでの移動のサポートを想定している。1回の充電で最長100キロ走行できる。3列シートの6人乗りで2列目に車いすの人を乗せる場合は4人乗りとなる。車体を低くして高齢者や子どもが乗り降りしやすいようにした。ドアはなく、雨天用はカーテンをかける。救護用ストレッチャーを載せる仕様との2モデルで計約200台を提供する=東京本社写真部 池谷美帆撮影 2019年7月18日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 281

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ