読売新聞オンライン

メニュー

「メンドン」が厄払う…鹿児島・硫黄島

鹿児島県三島村の硫黄島で8月30、31日、「八朔(はっさく)太鼓踊り」が行われた。巨大な仮面を被り、みのをまとった仮面神「メンドン」が登場、木の枝を使って人々の厄をはらった。旧暦の8月1、2日に毎年開催。メンドンなど年中行事10件からなる「来訪神仮面・仮装の神々」は昨年、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された=鹿児島支局 木佐貫冬星撮影 2019年9月2日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 405

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)