重力波観測装置「KAGRA」を公開

東京大と高エネルギー加速器研究機構、国立天文台は30日、岐阜県飛騨市の地下に建設していた重力波観測装置「かぐら(KAGRA)」を報道陣に公開した。10月4日に完成記念式典を開き、年内にも本格的な観測を開始する。重力波観測装置の建設では米欧が先行し、2015年に米チームがブラックホール同士の合体の際に生じた重力波を初めて観測。米国の3氏は17年にノーベル物理学賞を受賞した。しかし、かぐらは地下に建設され、地上にある米欧の装置よりも振動などのノイズを受けにくい。精度良く重力波をとらえて、波の発生源を詳細に解明することなどを目指す=中部支社写真グループ 林陽一撮影 2019年9月30日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 294

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ