「秋を撮る2019」 紅葉仕様、三色のおみくじ…太宰府天満宮

元号令和にゆかりのある福岡県太宰府市の太宰府天満宮で、3日からおみくじの色が秋仕様に変わり、紅葉を思わせるカーテンが出現した。おみくじは、赤、黄、オレンジの三色で、参拝者に四季を感じてもらえればと先代宮司が考案した。祈りを込めて引いた後は、祈願成就のため境内に結んだり、持ち帰ってお守りにする人もいる。天満宮は、熊本地震など被災地の復興を祈る祝詞(のりと)を毎朝奏上している。「令和」には、「美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つる」という願いが込められた。国内外あわせて年間約1000万人が訪れ、今日もそれぞれの願いを祈る=西部本社写真部 尾崎孝撮影 2019年11月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 301

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ