「令和の紅葉」 メタセコイア並木…滋賀・マキノ町

紅葉した並木(滋賀県高島市マキノ町)を夕日がオレンジ色に染める。琵琶湖の北西岸に広がる栗園の中を走る約2・4キロの県道を挟んで、高さ約25メートルのメタセコイア約500本が続く。1981年に地元の果樹生産組合が防風林として植えたのが始まり。当初は「花や実もならない」と不評だったが、今では県内でも有数の名所となった。12月初旬に色づいた葉が落ち始めると、湖畔に冬が訪れる=大阪本社写真部 近藤誠撮影 2019年11月28日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 315

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ