博多人形の「妖怪アマビエ」作り

新型コロナウイルスの終息を願い、伝統工芸士の戸畑茂四郎さん(72)=福岡県那珂川市が制作した博多人形の「妖怪アマビエ」が人気を呼んでいる。「アマビエ」は、江戸時代に肥後(熊本県)の海に現れた妖怪とされ、疫病の流行を封じると、現在、SNSなどで話題。戸畑さんは「人形が人々の心の癒やしとなれば」と工房で一つ一つを手作りしている。ふくよかな丸顔の2等身で、高さ8㌢、幅約6㌢。粘土の型をとって素焼きし、うろこ部分は黄や青色、髪には、厄よけに良いとされる朱で彩色している。台付きで、値段は2200円(税込み)。戸畑さんは「私も近所に住む孫たちと集えずに寂しい日々だが、世界中の人がまた笑って集える日を祈って、人形を作りたい」と話している。美術工芸品を取り扱うガトー(福岡県太宰府市)のホームページ<gatou‐dazaifu.com>から注文できる=西部本社写真部 貞末ヒトミ撮影 2020年4月28日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 360

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ