滝廉太郎府内追悼祭…大分

大分市で亡くなった音楽家、滝廉太郎(1879~1903年)の遺徳をしのぶ「滝廉太郎府内追悼祭」が28日、市中心部の「祝祭の広場」であった。地元商店街や音楽関係者らでつくる実行委員会が滝の命日(6月29日)の前後に毎年、開いている。近年は、滝の銅像がある大分市大手町の「遊歩公園」で開催することが多かったが、今年は新型コロナウイルスの影響を踏まえて会場を変更。参加者には検温を実施してマスクの着用を促し、人と人の距離を保つなどの「3密」を避ける工夫も施した。追悼祭では、県立芸術文化短大非常勤講師の新見準平さん(34)が独唱で「無常」と「箱根八里」を、商店主や住民ら約30人でつくる合唱団が「鳩ぽっぽ」や「花」などの滝作品をそれぞれ披露。最後は全員で「荒城の月」を歌って締めくくった=大分支局 山本光慶、西部本社 長野浩一撮影 2020年6月28日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 341

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ