「じめさあ」化粧直し…鹿児島

島津家18代当主・家久の妻、持明院様(じめさあ)がモデルとされる石像の化粧直しが5日、鹿児島市城山町の市立美術館前庭で行われ、優しげな表情が浮かび上がった。化粧は、1929年に当時の市長が石像に気付いてチョークで施したのが始まり。化粧直しは美術館ができた54年から、同課の職員が命日の10月5日前後に行っている。この日、職員2人が絵の具で顔を白く塗り、眉と目を黒く描き、最後にチークと口紅で仕上げた。2人は、「コロナ禍の中、見た人が穏やかな気持ちになればと思いながら化粧をした。優しい表情にしようと、目を大きくしたり、紫がかったチークを使ったりした」と話していた=鹿児島支局 佐々木浩人撮影 2020年10月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 354

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

読売新聞購読申し込み

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ