不発弾爆破処理で50メートルの水柱…山形・酒田市沖

太平洋戦争中に米軍が落とした1000ポンド爆弾とみられる不発弾が8日、山形県酒田市沖の海中で爆破処理された。不発弾は9月25日に同市大浜の石油桟橋付近の水深約5メートルの海底で見つかり、今月3日に、酒田市宮野浦の沖合約1・5キロの海底に移されていた。8日は午前8時半から、現場の半径約500メートルが航行禁止区域とされ、不発弾を専門に扱う海上自衛隊舞鶴水中処分隊が、爆薬で不発弾を誘爆させる準備を行った。酒田海上保安部や県港湾事務所などの職員ら計約140人が周辺で警戒にあたるなか、午前11時頃、海面に爆薬による白い水柱が上がり、直後に不発弾の誘爆とみられる黒い水柱が高さ約50メートル、幅約40メートルまで広がった=山形支局 中田隆徳、鈴木恵介撮影 2020年10月8日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 362

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ