JR九州の新観光列車デビュー…鹿児島

JR九州の新しい観光列車「36ぷらす3(さんじゅうろくぷらすさん)」の出発式が16日、鹿児島市の鹿児島中央駅で行われ、多くの鉄道ファンらが列車のデビューを祝った。列車は豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを手がけた水戸岡鋭治さんのデザインで、6両編成(定員は105人)。特急「つばめ」などして使われていた車両を改造した。黒光りする塗装が特徴で、靴を脱いでくつろげる畳敷きの車両もある。当初は博多駅を出発し、5日間で九州7県を回るルートを計画していた。しかし、九州豪雨で一部区間が被災したため、当面は日程やルートを短縮する。この日の出発式では、列車の名前にちなんで36歳と3歳の親子3組が「出発」のかけ声とともに発車を合図した=鹿児島支局 鶴田明子撮影 2020年10月16日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 363

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ