読売新聞オンライン

メニュー

金魚の初市、1匹7万円も…愛知・弥富

愛知県弥富市の東海観賞魚卸売市場で13日、恒例の金魚の初市が行われ、高級種のアズマニシキが過去最高値の1匹7万円で競り落とされた。これまでの最高額だった昨年(1匹1万9000円)を大きく上回る初値に、会場が沸いた。同市は全国有数の金魚の産地。会場では、マスク姿の仲買人らの威勢の良い声が飛ぶ中、「かんこ」と呼ばれる木舟に入れられて水路を流れてくる金魚が次々に競り落とされていた。弥富金魚漁業協同組合によると、新型コロナ禍で祭りが中止になるなどして需要が減り、初市全体としては昨年より厳しい結果だったという=中部支社写真グループ 中根新太郎撮影 2021年1月13日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 404

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)