軽石は今後本州・四国に接近か…海洋研究開発機構が予測

海底火山・福徳岡ノ場から噴出した軽石は、2か月間で西に約1300キロ・メートル流され、沖縄本島などに漂着した。海洋研究開発機構のシミュレーションでは、軽石は今後、黒潮にのって四国や本州の太平洋側に接近する恐れがある(画面右下の赤い★マークが福徳岡ノ場)=海洋研究開発機構(JAMSTEC)提供

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 434

紙面連載企画

日本テレビ系列・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)