抹茶作り最盛期…京都・宇治市

京都府宇治市で、抹茶作りが最盛期を迎えている。老舗の茶製造会社「丸久小山園」の工場では、電動の石臼で茶葉がひかれている。年末年始には茶会が多く開かれるため、抹茶の需要が増える。同社では石臼1台につき、1時間で約40グラムの抹茶ができる。ゆっくりひくとまろやかな味に仕上がるという=大阪本社写真部 原田拓未撮影 2021年11月18日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 465

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)