朝日の中、一斉に飛び立つマガンの群れ…宮城・伊豆沼

渡り鳥の越冬地でラムサール条約登録湿地の伊豆沼(宮城県栗原、登米両市)にマガンの群れが飛来している。12日は、朝日で水面(みなも)が橙(だいだい)色に染まる頃、餌場に向けて一斉に飛び立つシルエットが空に浮かんだ。県伊豆沼・内沼環境保全財団によると、マガンは隣の内沼と合わせて約10万羽近くが飛来しているという。例年1月頃に飛来のピークを迎えるハクチョウとともに春まで過ごし、シベリアへ帰る=東北総局 長谷川三四郎撮影 2021年11月12日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 433
  3. 434
  4. 435
  5. 463

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)