航海の安全・豊漁を祈願「しめなわ祭」…山口・下関

関門海峡の冬の風物詩「しめなわ祭」が10日、山口県下関市で行われた。地元の赤間神宮の神職が、本州と九州とを結ぶ関門橋近くの海面に突き出た烏帽子(えぼし)岩に新しいしめ縄(長さ約5メートル、重さ約20キロ)を掛け、航海の安全と豊漁を祈願した。烏帽子岩が倒れて災いや不漁が続いたため、漁師たちがお告げに従って岩を起こし、立派なしめ縄を掛けると収まったという言い伝えに由来する=下関支局 杉尾毅撮影 2021年12月10日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 464

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)