岸田首相表明 「施設待機14日間」徹底

岸田首相は21日、臨時国会閉会を受けて首相官邸で記者会見し、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」感染者の濃厚接触者に対し、宿泊施設での14日間待機を徹底するよう要請する考えを示した。外国人の新規入国の原則停止などの水際対策を当面の間、延長する考えも重ねて示した。首相は国内でのオミクロン株の感染封じ込め強化が必要だとし、「濃厚接触者に対して自宅待機ではなく14日間の宿泊施設での待機を要請する」と述べた=代表撮影 2021年12月22日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 465

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)