北京五輪の会場周辺でロボット活躍…香り高いコーヒー提供のバリスタに

【北京=大石健登】2~3月に開かれる北京冬季五輪・パラリンピック会場周辺の駅やメディアセンターで、コーヒーの提供や掃除、料理などにロボットが活躍している。スキージャンプなど雪上競技が行われる河北省の張家口会場近くの駅では、ロボットが入れた無料のコーヒーが楽しめる。2本のアームを使い、コーヒー粉をドリッパーに入れ、円を描くようにお湯を注ぐ。香り高いコーヒーを味わっていると、すぐ隣を掃除ロボットが通り過ぎた。センター内の食堂では、ロボットが調理した料理が、天井に張り巡らされたレールやリフトのような装置で運ばれるシステムが人気だ。新型コロナウイルス対策として、大会関係者は外部との接触を断つ「バブル方式」で管理される。ロボットの活用には、人同士の接触を減らして感染を防ぐほか、中国の技術力をアピールする狙いもあるようだ=東京本社写真部 若杉和希撮影 2022年1月26日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 466

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)