絶滅危惧種のチョウ 10万株の巨大花絵で表現…広島・世羅

広島県世羅町の観光農園「花の駅せら」で、ビオラとネモフィラ約10万株で描いた巨大花絵(縦100メートル、横50メートル)が訪れた人を楽しませている。町内に生息する絶滅危惧種のチョウ「ヒョウモンモドキ」が花畑の上を舞う様子を、黄や紫など8色のビオラで表現し、背景に青いネモフィラを用いた。見頃は5月末まで=広島総局 吉野拓也撮影 2022年4月21日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 10
  3. 11
  4. 12
  5. 473

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)