「伊那谷唯一のチンドン」 柘植さんが30年の活動に終止符

「伊那谷唯一のチンドン」をうたい、約30年にわたって地域の祭りなどで活動してきた伊那市の柘植晃さん(81)が22日、高齢を理由に引退した。同日、市内の農業体験施設「みはらしファーム」で最後の「チンドン」を披露し、にぎやかに活動を締めくくった。伊那市役所の職員だった柘植さんのチンドンマンとしての出発点は、市商工観光課長だった1993年。横浜市で行われた物産展に県代表として出張した時だ。「何か目を引くパフォーマンスができないか」と考え、思いついたのがチンドンのパフォーマンスだった。伊那北高校時代は吹奏楽部に所属するなど、音楽の素地と人前に出る度胸があった柘植さんの演奏に多くの人が集まった。富山県で開かれる「全日本チンドンコンクール」に出向いて勉強を重ね、自らのスタイルを確立し、退職後も続けた。ただ、活動には体力が必要だ。最後の舞台を終え、柘植さんは「みんなの笑顔を見ることができ、100点満点以上のチンドンになった」と感慨深そうに話していた=長野支局 三浦正基撮影 2022年5月27日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 475

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)