弾薬57トン使って「富士総合火力演習」…離島への上陸阻止や奪還想定

陸上自衛隊で最大規模の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」が28日、静岡県の東富士演習場で行われた。64回目となる今年は、離島への上陸阻止や奪還を想定し、木更津駐屯地(千葉県)に暫定配備中の輸送機「オスプレイ」を初めて投入。約3300人が参加し、戦車・装甲車など36両、弾薬約57トン(約10億6000万円分)が使われた。新型コロナウイルスの影響で一般公開は3年連続で中止となり、インターネットで中継された=代表撮影 2022年5月28日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 473

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)